パートタイマーとして働く場合

パートタイマーなどで働く場合にまず出てくる問題としては、
『103万円の壁』を聞いたことがあると思います。
これは、「配偶者控除」の問題です。
ここではパートタイマーとして働く場合の注意点について解説していきたいと思います。
パートに出てお給料をもらうようになったときにまず考えるのが、
●自分の税金がかからない範囲内
●ご主人の扶養の範囲内
●自分自身で社会保険(健康保険・年金など)を払う必要のない範囲内
程度に働きたいという希望が多いと思います。

 

(1)所得税を払わなくて良い働き方

誰でも、ある程度のお給料をもらうと「税金」を払う義務が発生します。
しかし、年収103万円までは所得税を払う必要がありません。
*103万円とは、給与所得控除の最低額65万円と基礎控除38万円を足した額です。

また、所得に関する税金は他にも、住民税があります。
この住民税を支払わなくてもいい額は、年収100万円。
ただ、この100万円から103万円の間での住民税は数千円程度といわれているので、
あまり気にする必要はないでしょう。
また、会社の家族手当も年収103万円を基準にしているところが多いので
前述の「103万円の壁」などと言われているのです。

 

(2)配偶者控除が受けられる働き方

配偶者控除は、ご主人の扶養している人の数で控除される額が変わりました。
ですので「配偶者控除」が得ることができるかについては、ご主人の所得税の税額が
変わります。

この配偶者控除が受けることができる範囲は、所得税と同じく、
年収「103万円」未満となっています。

また「配偶者特別控除」というのもあり、年収103万以上
141万まで段階的に控除されます。

つまり、103万までは控除は「配偶者控除」を受けられて、
141万円までは少しずつ減りながらもいくらかは控除があるということになります。

 

(3)社会保険の被扶養者の範囲内での働き方

税金とは別に、社会保険の支払いも考慮の対象になります。
サラリーマンの妻は、ある収入以下であれば、健康保険の被扶養者になっています。
社会保険の被扶養者の範囲内となる額は「年収130万円」です。

年収130万円を超えると、夫の被扶養者からはずれ、
自分自身で健康保険に入らなければいけません。

以上は、夫が会社員の場合です。
自営業者などの場合は、妻も健康保険、国民年金に加入しているので
年収130万円を超えても変わりはありません。

 

 


soudan3.PNG



soudann-bana.PNG