●3年ぶりに夏季賞与支給額が増加
厚生労働省が「毎月勤労統計調査」の結果を発表し、2013年における夏季賞与支給額が労働者1人平均35万9,317円(前年比0.3%増)となり、3年ぶりにプラスに転じたことがわかった。ただ、従業員数100〜499人の企業の支給額は1.5%減となった。

 
●約7割の企業が「65歳以上も雇用」 厚労省調査
厚生労働省が調査を行った「高年齢者の雇用状況」(6月1日時点)の結果を発表し、65歳かそれ以上まで働ける企業の割合が66.5%(前年 比17.7ポイント上昇)だったことがわかった。65歳までの雇用確保の義務付けは2025年度からだが、先取りして対応した企業が多かった。
 〔関連リンク〕
  平成25 年「高年齢者の雇用状況」集計結果
  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000027435.html

 
●大企業における長時間労働が増加 厚労省調査
厚生労働省が2013年度の「労働時間総合実態調査」の結果を発表し、大企業で1カ月の残業時間が60時間を超える人がいる割合が43.9%(2005年度調査比7.3ポイント上昇)となったことがわかった。