●消費増税に伴い、初診・再診料引上げへ
厚生労働省は、2014年4月から消費税率が8%に上がることに伴い、病院・診療所での初診料(現在は一律2,700円)と再診料(現在は原則690円)を引き上げる方針を固めた。また、入院基本料も引き上げる方針である。上げ幅は12月末までに決定する。


●中小企業への発注目標 過去最高に
政府は、2013年度に発注する事業のうち、中小企業向けの契約目標を過去最高の56.6%(前年目標比0.3ポイント増)、目標額として4兆1,900億円(前年度比約4,000億円増)に設定することを決めた。地域雇用を安定させるため、経済対策の効果を中小企業にも行き渡らせる狙い。

 
●医療費抑制へ保健指導
厚生労働省は、2014年度からすべての健康保険組合(約1,400)に対し、医療費抑制のために加入者向けの保健指導の計画(データヘルス計画)の作成と公表を求める。また、健康診断の数値が異常であるにもかかわらず、通院していない人に対し、医療機関の受診を勧めることも促す。