≪新着情報:2019年1月10日≫
【平成314月から】有給休暇5日付与の義務化が始まります!!
未達成労働者1名あたり、30万円の罰金刑の定めがあります。


働き方改革関連法案の可決成立に伴い、企業には来春より有休取得義務化への対応が
求められることとなりました。

平成314月以降、10日以上有給休暇を付与されている従業員について、
最低でも5日は有給休暇を実際に与えることが義務付けられます。
現状、年5日未満の取得にとどまっている従業員については、企業が取得日を
指定する等をして、対応していかなければなりません。

まずは、対象者の洗い出しを進めましょう。

参考:厚生労働省「年次有給休暇の計画的付与制度」
https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kinrou/dl/101216_01e.pdf